☀️Summer Paradise 2018🍉🌴

 

いってきましたーーー!!!

大好きになったSnowManに、初めましてするべく…!!

 

【Summer Paradise 2018 SnowMan公演】

 

f:id:tkhr_nnk:20180815015952j:plain

f:id:tkhr_nnk:20180815020003j:plain

 

 

やっぱりさ、初現場って感じることが本当にたくさんあってさ、これは残しておきたいな…と思ったので感想書きます!!わーい!!

 

 

 

 

 

えっと、まずはじめに。

ほんとに、ほんとにほんとにありがたくも、今回お席がここでした

 

 

f:id:tkhr_nnk:20180815014244j:plain
(赤が宮舘のねぎちゃん、青がアタイ)

 

長ーい長ーーいオタ人生で、一度も経験したことのなかったこんな席を、SnowManと初めましてのこの現場で経験することになるなんて…。(しかもただでさえ客席とステージが近い会場なのに…涙)

正直 少し前までは、これからJr.を追っていくかもしれないという自分の姿がまったく想像できなくて、大好きなんだけどまだ踏み込みきれない…みたいなセーブしてる気持ちがずっとあって。

でも、自分たちのこの席を確認した瞬間に、これはもう離れられない運命なんだ…わたしはSnowManと共に生きていく運命なんだ…と確信してしまいました。アーメン。

 

出てきたチケットにはっきりと【アリーナ 1列】って書いてあるのに、なんだか、信じられなさすぎて、「いや…でもまだわかんないもんね」「期待しすぎはよくないよね」「行ってみないとわかんないよね」って謎に平常心を取り戻すのに必死な私たちでした。笑

 

なにより、ねぎちゃんも私もお互いこの1公演だけしか入れないサマパラだったから余計に感動だったし、本当に本当に最高の夏の思い出になりました…!!

ねぎちゃんには一生かけて恩返しして生きていこうと思ってる。笑

 

 

 

…ということで。

そんなお席からの視点なので、全体感を見る余裕はゼロ歌割りとか振りとかじっくり見て細かく覚えておく余裕もゼロ、結果なんとも悔しいことにほとんどの記憶がぶっ飛んでいます。←

 

だからここから先は、レポとかじゃなく、ただただ私の感想をズラーーーーっと書き出しただけ…!

めんどくさくなったら、色のついてるとこだけ読んでもらえればと。笑

 

 

続きを読む

侮れない…! 〜サマパラMCで垣間見た渡辺翔太の人間性〜

どうもみなさん。

WESTivalのレポや感想も書こう書こうと思ってるうちに時が過ぎて、結局ブログもなにも機能させていなかった、そんな私なのに、サマパラのことを書き起こしておきたくてたまらなくなっているので、書きます。笑
(でも書いてたらやっぱり最終的に濵ちゃんの話題にたどり着くやつだった。笑)




今回はとりあえず、忘れないうちに書いておきたいMCのこと。
※あ、レポとかじゃなく私の感想です。


今日のMCですっごく感じたのは、翔太がとてもよく現実を見ていて、しかもちゃんとそこに思いを馳せられる人なんだということ…!

(ちなみにこれは、容姿以外で初めて見つけた濵ちゃんとの共通点。笑)

 

たぶんこれはツイッターでもいちばんレポ上がってたんじゃないかと思うけど、

まず、翔太がアクスタの売り切れに言及していたところ!

俺は今ヘアバンドのことよりもアクリルスタンドのほうが気にしちゃってる。なんかいろいろお話を聞くからさ、並んだのに買えなかったとか。
やっぱシンプルに、誰に言うとかじゃなくて、俺たちを甘く見ないでほしい。こういうのって言ったほうがいいんだって、マジなやつだから。

これです。
いやこれね、単純に「買えなかった人ごめんね!」まではまぁ誰でも言えると思うんだけど、それより先のファンの気持ちを汲んだ発言だったことも、その上で自分たちの思いをはっきり言えることも本当にすごいなと思って、胸が熱くなった…!!

あと私的には、「誰に言うとかじゃなくて、」っていう言葉を挟んだのがすごくよかった。
その一言がすごく大事で、そのあとの「甘く見ないでほしい」をサラッと流されないためには逆に必要な一言だったよなって思って。

なにより、この話題になって、↑の台詞を言い終えるまでの顔が本当に真剣な顔をしていて、それがいちばんグッときた。

 

 

それともう一つ!
ふかさく舞台が翔太の誕生日までの話題のとき!

最初はじゃあ俺行ったらステージ上でお祝いしてよ!誕生日だから出してよ!笑って言ってた渡辺さんだけど、ほんとに誕生日に来てよ!って言われたら、いや…ちょっと待って、誕生日に2人の舞台で過ごすのもなんか…ってなって。笑

そのあと、じゃあメンバーみんなで来てくれればいいじゃん!の返しが、えーでもさ、なんかさ、「あたしここの日程じゃないのにメンバーここで来るんだ」みたいになっちゃうから、「同じチケ代払ってるのになんか損した気分」って。だったのよ。

なんか、心底この人侮れないなって思って。笑

まぁ、別に損した気分になる人はいないかもしれないけど、そうなり得るファンの思考をよく理解していてビックリした。

これは割と冗談ぽく話してたけど、やっぱり誕生日に行くのやめようかな…ってなったのはきっと、そういうファンの思いを想像したことが真意で、そもそもあの瞬間にその想像ができるのって日頃からいろんな人の気持ちに思いを馳せられる人だからなんだろうな、って感じました。



これに関しては、濵ちゃんが本当にそういうタイプで。
特にラキセの最初の挨拶に凝縮されてるんだけど。

今日が楽しみで楽しみでしかたなかった人、今日1回でもうコンサート入れないっていう人、まだまだ見れますっていう人、お母さんに許しをもらってやっと来れるんやっていう人、一生懸命働いたお金で「よし!ジャニーズWESTのライブ行くぞ!」っていう人、いろんな人たちがいるでしょう、今日はその人たちのためにも全力でやらせていただきます!!

っていうこの挨拶、わたし大っっ好きでね。
そこに思いを馳せられる濵ちゃんが本当に素敵だと思うし、それをこうやって言葉にするところも大好きで。
こんなこと言われたら、「そう…そうなんだよ…!わたし、今日のために頑張ってきたんだよ…!」って泣きそうになるしね。
でも、1回しか入れない人もいれば多ステする人もいるっていう、そういう本当の現実な部分も見えててよく理解しているところもまた濵ちゃんだなーと思うわけ。


翔太も濵ちゃんもそういう感覚と視点を持っているから、ここぞというときに自然と人の気持ちを察する言葉とか寄り添う言葉が出てくるところが、すごく好き!!

はぁぁ、ようやく発見した2人の内面的共通点…嬉しいです…!!涙




 

まぁだから、要するに、今日のMCで渡辺翔太の人間性を垣間見て、ますます惚れ直したという、そういう話でした。笑


…あ、あと単純に、「チケ代」っていうワードがあんなにスラッと出てきた翔太に、なんかよくわかんないけどリアコ大爆発だった。笑

 

緑から黒になりました。

すこーし休業してましたが、eighter復活しました!わーい!

 

 

そして改めまして、eighterライフのセカンドステージは横山担として生きて行く決意をしました。笑

 

 

まさか、こんな日がくるとは。

 

これぞまさに奇想天外の展開です。

きゃあー。

 

 

 

 

 

↓簡単に、今までのいろいろ。

 

 

▶︎2006-13

大倉忠義ゾッコン期。とにかく盲目期。笑

特に2008年の大倉が大好きすぎて、翌年まんまと08年ロス。

そのせいでPUZZLEあたりで一回冷める。笑

それも束の間、やっぱり大倉が大好きで大好きでしょうがない日々が戻ってきて、なんだかんだ8周年を迎える。

 

が、しかし。

8ESTツアー終わって、なぜか急激に現場熱が冷める。これは、わたし史上 永遠の謎。迷宮入り。

ライブはめっちゃくちゃ楽しかったのに、味スタの帰り道に脳内でサーーッて音がするくらい一気に冷めたのを覚えてる。

 

そして自然とオタ休業。

プロの茶の間になることを心に誓う。笑

 

▶︎2016

関西の若手7人組にハマる(紫)。濵田担としてオタ復活。

必然的にエイトの情報もたくさん入ってきて、「やっぱエイトいいわ、好きだわ」ってなる。

 

▶︎2017

大好きなはずのくらりんそっちのけで、ひたすら横山さんを追ってることに薄々気が付きはじめる。

仲良しの後輩(小瀧担)にエイトの魅力を語るも、「ほんと、ななかさんから大倉くんより横山くんのこと聞く方が多いんですけど!笑」と言われてビクビクする。

 

そして今さら初見な【十祭】DVDを3年越しに購入。

最初から最後まで全編とおして横山裕の存在がステキすぎて素晴らしすぎて、

「これダメだ!はいはい、もうムリです!横山さん好き!認めまーす!」ってなる。笑(←イマココ)

 

(なんなら「パスポート取りたいんです」あたりからすでにノックアウト寸前だったことをここで懺悔します。くそぅ。笑)

 

 

 

 

 

と、このような感じです。笑

 

WESTを追うようになってからエイトの姿を見ることが急激に増えて、昔のDVDとか引っ張りだして見ててもなぜか今までみたいに大倉!きゅん!ってならなくて、どうしても横山さんを追ってしまう自分に罪悪感を覚えながらしばらく過ごしてましたが笑、十祭でとうとうトドメを刺されました。ぐさっと。

 

 

 

ていうか、

淳太くんと照史が目当てで見始めたに横山さん。

大好きな濵ちゃんの銀幕デビューを拝むために観に行った破門にも横山さん。

 

 

 

どうですか。これはもう、じわじわと横山裕のステキさを押し付けてきたジャニーズWESTせい言っても過言ではない。(←過言)

 

  

そんな感じで、いま現在、横山さんが大好きで仕方ありません。

好きになりたてのヤツにありがちな、いわゆるdr期です。

 

 

 

 

ただ、大倉が好きじゃなくなったわけではないのでありまして…。

自分のなかで、11年間もイチバンだった大倉忠義という存在はとっても大きくて、思い入れもありすぎるほどあります。

 

だから、これからも、ひっそりと、横山さんの仲間の大倉くんとして大好きと言わせてください。(小声)

 

 

 

 

 

ここまで読んでくれた人がいるかわからないけど笑、こんな私ですが、よろしくお願いいたします!!